あれから。
2014 / 01 / 19 ( Sun )
まりんの姿がなくなって

今日で一ヶ月経ちました。

あれから。。。

後悔したことが懺悔感に変化しました。

もはや、今更何かをしてあげられるわけではないし。

だから・・・

青空を見上げて
澄んだ空気をおもいっきり吸い込んで
お日様の光を全身で浴びよう。

まりんの分も。

スポンサーサイト
23 : 13 : 26 | まりん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
七日。
2013 / 12 / 26 ( Thu )
まりんが・・・

この世から

すがたが無くなって

今日で七日が過ぎました。

20日にお骨になって我が家に帰ってきました。

これで。。。

なな
れお
まりん

がそろいました。

仲良しだったから
全員そろったら
土に埋葬しようと決めていたので
来春、さくらが咲き誇る優しい季節にそうしようと思います。

まりんの骨は、
つかむとスグにポロポロと崩れてしまうほどもろくって

最後まで懸命に生き抜いて
大往生だったんだと感じました。

5月に本当は、ダメだったのに
雪の季節まで一緒にいられたこと
本当に良かった。

まりんが死んだ前日から冷たい雨が降っていたから

暖かいおひさまにあてて日光浴をさせてあげたかった。

もっと、沢山抱きしめてあげればよかった。

と後悔が残っている。

散々、介護をしながらいつお別れしたって悔いは無いと思っていたのに。。。

後悔は、やはり後からやってくる。

後悔は、途絶えることがないのだと思い知らされた。

だから。。。

大好きなはずなのに

青空をみると苦しくなる。


まりんの火葬日は、ふみろんの幼稚園の終業式でした。

午前保育だったので
一旦、帰宅して
papaだけがまりんの骨を拾いに行きました。

冷たい雨から
カミナリが鳴って
叩きつける雨が降って
日が差して
スグに雨が降って

そして。。。

小判型の大きめのふわふわした雪が数分だけ舞って(初雪)

夕方には、すべてが止みました。

珍しい一日でした。

papaがまりんをお迎えに行く途中で
撮影したものです。

雨が降ってきてスグに薄らいでしまったそうなので
本当に瞬間のものです。

こんなに完璧なアーチをした虹を見たことがありません。


DSC_0161.jpg


yocco+さん、

虹の橋です^^

yocco+さん、minamiさん、shieemama*さん
コメントありがとうございました。

感謝です^^*


22 : 00 : 53 | まりん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
別れ。
2013 / 12 / 19 ( Thu )

まりんが死にました。

17:09 に・・・

トランポリンから帰ってきたら
こちらを見ていました。

今日は、大好きなおやつも食べないし

お水もいつもより少なめだし

ぐったりしてあまり吠えませんでした。

帰宅してまもなくまりんにおしっこしに行こうね。と声をかけたら・・・

顔を持ち上げられなかったまりんが

ぐっと顔を起こして大きな瞳で私を正面からしっかり見ながら

いきなり大きな声で三回吠えました。
(こんなにもチカラ強く大きな声を聞いたのは数ヶ月ぶりでした。)

そしてエビゾリになり息をひきとりました。


あっという間でした。

私が帰ってくるのを待ちかねていたのかもしれません。



最近のまりんは、

自力で起き上がることも
立っていることもできませんでした。

おしっこするときは、脚を支えて
ウンチの時は、便意をもようすと吠えたので
脚を支えて立たせて力ませるだけ力ませて
手でしぼり出していました。
ごはんやお水を摂る時も身体と脚をささえなければなりませんでした。

昼夜が逆転していて夜間に何度も要求があり吠えるので起きなければならず
寝不足が続いて先週は、目がかすんでしまい視力が1.5から0.9まで落ちてしまいました。

動物病院の医師から睡眠薬を飲ませる方法を勧められたけど
薬効でそのままサヨラナになってしまうのではないかと不安で断りました。

だけど。。。
さすがに私の身体に不調が現れてきて苦痛になったので
薬をもらおうと考えてしまいました。

結局は、もらいませんでした。

ヨカッタ。きっと、後悔しただろうから。

まりんを抱っこするたびに
ゴツゴツになった背中をさすりながら
顔をあてて体温の温かさと心音に
生きている、今日も生きていると確認するのが好きでした。

14歳7ヶ月20日

まりんが生きてきた足跡です。

本当に。。。

病気ばかりで
大金がかかった子だけれど

出逢えてよかった。

いろんな思い出をありがとう

まりんちゃん。


あした。。。

ななとれおと一緒になります。


ふみろんが。。。

まりんがいなくなっちゃうから
三人家族になるんだね。といった言葉が更に悲しくなりました。

ふみろんにとって
初めての死です。

まりんは、ふみろんの成長と思い出にかかせない存在でした。


19 : 12 : 03 | まりん | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
まりんのこと。7
2013 / 05 / 18 ( Sat )
まりんは、ご飯をたくさん食べられるようになりました。

歩くのはおぼつかないけれど
体調を崩す前に毎日行っていた散歩コースへリードを引っ張って催促をしました。

行きたいの?行ってみる?

途中、歩けなくなったら抱っこしようか。

力はないけれどドンドン歩いて行くまりん。

最近は、首輪の重みが負担になりそうなくらいにやっと歩いていたのに・・・

家の近くでふみろんの姿をみつけて小走りをしました。

体力をぐ~んと奪われてしまうのではないか心配だけど
まりんが自ら、今こうしたいということをアクションしているわけだからいいのだろう。

少しからだが楽なのかもしれないねっ^^

久し振りの散歩道。

DSCN5546.jpg


papaとふみろんが靴洗いしている所で寝そべってみんなの様子を見ていました。

DSCN5562.jpg


一日、いちにちが楽しい時間でつながるといいねっ。

まりんちゃん。

23 : 41 : 36 | まりん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
まりんのこと。6
2013 / 05 / 17 ( Fri )
まりんは、痩せてきましたが

15日に点滴をしてから食欲が出てきて
おコメや塩麹ハム、ツナなどをもりもり食べるようになりました。

歩くのも少し軽やかな感じで。

ウンチも自力でひとつ。^^

ふみろんがリードを持って無茶をしても頑張ってついて行ってます。

健気なまりん。

ふみろんにリードを任せるのは本当はイヤだけど

ふみろんにもお別れの準備が必要だから
まりんが歩けるウチは持たせてあげようと思います。

まりんもふみろんが一緒だと少し活気があるし。。。

昨日のふたり。

DSCN5535.jpg


16 : 45 : 30 | まりん | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム | 次のページ>>