外国人と話したい。
2017 / 12 / 03 ( Sun )
ふみさんは、物心がついた頃から英語が好き。

車の移動時は、英語のDVDを観たり好きな歌を聞いていた。

フォニックスは、ほぼ出来ている。

幼稚園の頃は、よ~く英語の歌を口ずさんでいたと先生から聞いた。

アルファベットは、年中の時に書いていて

名前を英語で書いてひらがなに書き直しさせられていた。

年中の夏にママ友から紹介してもらって

日本人の英語教室へ通った。

歌やゲームをやりながら楽しく学ぶ教室だった。

私は、それで良いと思っていたが・・・

大学病院の教授から日本人では発音に限界がある。

ネイティブにすべきだと強く推されたが・・・

ふみさんが楽しめていたから聞き入れずにいた。

年長になったころに・・・外国人に声をかけられたことがあった。

幼い子相手だからゆっくりではっきりとした英語で話し掛けてくれたのに

ふみさんは、カチカチになってしまい一言も返すことが出来なかった。

尋ねられた内容がわからなかったわけではなく

外国人と接する機会が一度もなくて驚いてしまったのである。

この出来事がきっかけになり

ネイティブの先生に習おうと思ったのだ。

幼稚園の同級生が通っていたスクールで無料体験をしたら気に入り

入会して今に至る。

このスクールと同じフロアーにそろばん教室が併設されていた。

たまたま、あったからそろばんを習うことになった。

英語が終わったらそのままそろばんへみたいな。

時間短縮で同じ系列で維持費が割安になり良いことばかりだった。

このスクールに来なかったらそろばんを習うことなんて考えなかっただろう。

スゴク不思議な縁だ。

今日、costcoに行った。

出口でレシートと購入品のチェックがある。

そのチェックをしていた黒人の女性スタッフに

ふみさんは、レシートを渡し「Hello!」と声をかけた。

そうしたらスタッフがゆっくりと英語で質問してきた。

ふみさんは、ニコニコしながら適確な返事が出来た。

次の客もいたので短時間だったけど

ふみさんの成長を見ることが出来た瞬間だった。

あのカチカチだったふみさんが…

もっと、もっと話したいオーラにあふれていた。

別れ際に手を差し伸べて握手したりと。

一瞬、ポカ~ンとした私達を見て誇らしげで嬉しそうな顔をしたふみさん。

私もpapaも何だか嬉しくなった。


🐎🐎・・・・・・🏇

にほんブログ村 子育てブログ 2009年4月~10年3月生まれの子へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
00 : 07 : 38 | 小学2年 | page top
| ホーム |