上野動物園。
2012 / 06 / 23 ( Sat )
papaが会社に用事があり一緒についてきて

パンダでもみようかぁ~の一言で上野動物園に行きました。

捕らわれの身。

P1010816.jpg


活気のない鳩を追いかけるのを止めたふみろん。なんだか・・・黒っぽくてみんな衰弱している感じでした。

P1010830.jpg


テンションMAX!

P1010826.jpg


ueno zoo 

P1010839.jpg


入園券を購入するのも 「ふみぃ~やりたぁい~♪」

P1010843.jpg


入園してスグの場所にパンダの厩舎が・・・
こんなに立派な厩舎になって・・・

P1010844.jpg


何で逆立ち!?

P1010846.jpg

ん?何処にもいない。

P1010847.jpg


P1010848.jpg


発見!

ふみろん初パンダ♪


P1010850.jpg


最後のお部屋に1頭だけ隅の方でちょこんと寝そべっていました。
何年ぶりに見ただろうか?
やっぱり・・・かわゆい♪

P1010855.jpg


何処へ行っても激混み!

P1010860.jpg


お腹がペコペコ。最初にみつけたお店で大分並んで購入。
少なすぎるメニューの中からチョイス。


P1010870.jpg


母は・・・このパンダチョコレートの目立たないけどあえてペイントせずに少し凹ませてある微笑んだ口や

P1010869.jpg


海苔にサラっと描かれている

P1010873.jpg

このちょっとしたコトがたまらなくスキなのです。
お味は、全て・・・・・・でした^^;

さぁ~気を取り直して・・・

この間、ワッフルを食してからホットケーキが好き。

P1010881.jpg

papaが、追加購入したカラ揚げ+ポテトフライに添えてあったレモンにキラリっと目を輝かせ・・・

レモンget!

P1010884.jpg


P1010887.jpg


こんなお顔をしながら・・・

P1010888.jpg


P1010896.jpg

皮を食べだしたので取り上げマシタ。


ウキウキ♪

P1010902.jpg


唯一、長いこと見学していたブース。
サルが行ったり来たりする行動に興味があって。

「まぁ~まっ、いきどまりぃ~。またまた、いきどまりぃ~♪」
サルが、柵の所まで来てそれ以上進めないので戻っての往来が面白いようです。

そもそも、2ヶ月くらい前に車で道を間違え行き止まりになってしまい
「あちゃぁ~行き止まりだよ~」と母が発した言葉を偉く気に入り
それから毎日・・・TVとかで行き止まりをみつけては教えてくれるようなりました。

サルではなくて行き止まりを喜ぶふみろん。

P1010918.jpg

結局、見られた動物は・・・

パンダ、ぞう、さる、プレーリードッグのみ。


何処へ行ってもありんこと戯れる。

P1010934.jpg


園内外は、沢山の人で賑わっていて見失ってしまうコトと

ふみろんがいつも以上に暴走行動が多く
阻止するものならば、地面に横たわってしまい

気を許した瞬間に走って危険で

何で今日はこんなに酷いのか?と気力と体力を奪われ
papaも母も疲労がピークでイライラ。


もちろん
ふみろんは、そんな事お構いなし。ドンドン我が道を行く。

P1010930.jpg


丘サーファーの巻♪

カーブした塀に上ってズッコケてきゃははぁ~♪

P1010938.jpg

よっ!

P1010939.jpg


できたぁ~♪♪♪

P1010940.jpg


きまったぁ~♪

P1010941.jpg


この後・・・
どれだけの時間を費やしたでしょう。。。

ふみろんは、自分の行きたい所へあっちこっち行ってしまい
追いかけて→捕まえて→寝そべって拒否→起こして→逃走・・・

抱っこすれば足をバタバタさせて全力で抵抗し、

駐車場にナカナカ辿り着けませんでした。

人混みの中で寝そべり

papaが、手をひっぱり力ずくで起こそうし、
それに対してオシリをつけてpapaの手から抜け出そうとしているふみろん。
仕舞いには引っ張られる形になってしまい

「手が抜けるから止めて」と母が言った瞬間・・・

「いたいよ~」と。

左の肘が抜けてしまいました。

母は、頭にきて!!!

「だから言ったじゃない。どうすんの。何でひっぱるの。可愛そうでしょ。いい加減にしてよ~」と
怒鳴りました。

「抜けたもの仕方がないだろ~。病院で入れてもらえ。お前、看護婦なんだからそのくらいいれろよ~」と父。

頭がオカシイんじゃなかろうか。。。キチガイだ。

流石にふみろんも肘が痛くて抱っこをさせてくれました。

荷物も持たずに一人でドンドン人混みの中へ消えて行くpapa。

ふみろんは、手に力が入らないので抱きついてくれず
重さが倍になってズッシリとして、オマケに荷物の重いこと。。。

手がしびれて腰が痛くて
休み、休み降ろしていたら・・・

「まぁ~まっ、てがあがるよ~だいじょ~ぶ。やったぁ~」とはしゃぎながら
おそろおそろ手を挙げてみせました。

肩が挙がっただけで

明らかに肘は、だらんとなっていて。。。

まだ、2歳なのに。
こんな状況で気を遣って。。。ウルウルしました。

余計にpapaの行動が許せませんでした。

駐車場近くではぐれたpapaと合流しました。

ここは、都内で地元に帰って休日時間外診療に連れて行くまで
ふみろんがこのまま痛いのはかわいそうで。。。

勇気を振り絞って医師に教わった整復を施しました。

大人ならともかく
幼児にどれだけの力を加えていいのやら加減が分らないし
ましてや・・・身内。

怖いの一言でした。

ポキっと指に感触が伝わり整復が成功しました。

それと同時に腕を振り回して動くと嬉しそうなふみろん。

よかった・・・

「今度から、お前ができるなぁ~」とpapa。

よく、人をここまで不愉快にしてくれるよね~。
口もききたくない。。。

ふみろんは。。。

通算・・・左が3回、右が1回 肘が抜けたことになります。


夜、papaに腹が立っていた母は・・・

「ふみに謝って。いったい何でこうなのよ~」と言ったら

母が、公衆の面前でpapaを怒鳴りつけたことが気に食わないと言うのです。

くだらない。
ふみの痛みを考えたらそんなことどうだってイイ。
自分の面子がそんなに大事な訳?

ふみの前では自分の面子なんてどうだっていいんだよ。
ふみが一番なんだから。
あんなことして怒鳴らない親なんていないよ。

まして・・・
知り合いがいた訳でもないし、
もう合うことのない人達に対して・・・くだらなすぎる。。。と

機関銃のように母に言われたpapa。


ふみろんのことが

大好きで・
大切で・・
可愛くて仕方のないpapaだから

心の中では
何回も謝ったのかもしれないね。

母も反省すべき点は沢山あるけれど

ふみろんを守る為の親としての体裁は大事だけど

ふみろんの前ではプライドを完全に捨てて下さい。


こんなの大好き♪ 

P1010920.jpg


ふみろんに帰宅してから

今日、何を見たの?と聞いてみたら・・・

「ぱんだ、みたよ~かわいい~」


あ~・・・
この収穫だけでも嬉しいと思う母でした。


それにしても・・・

身体が痛いコト。


スポンサーサイト
23 : 57 : 32 | お出かけ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ひまわり。 | ホーム | すもも。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fumiron.blog.fc2.com/tb.php/272-9dbd12e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |