えんそく。
2013 / 06 / 01 ( Sat )
3y8m13d

昨日は・・・

初めての遠足でした。

朝方まで降り続いた雨だったけど
テルテル坊主さん効果か。笑
お日様が出てきて青空が広がりました。

爽やかで過ごしやすい貴重な一日になりました。

みんなで顔を合わせる度に・・・「本当に良かったね♪」と挨拶代わりの言葉になりました。

観光バスにクラス毎に乗車しました。

子供達だけで前方に座って
親は後部座席に乗りました。

ふみろんは、はるくんと着席したのに
バスが走り出したら母の所へ来てしまって
教諭から許可をもらって同席しました。(往復)
みんな、ちゃんと座れていたのに・・・

動物公園は、他の小学校や幼稚園の団体で大混雑でした。

いつも行っている場所だったので気が楽でした。

握力がついたねぇ~^^

DSCN5784.jpg


同級生と。

DSCN5789.jpg


みんな同じことをするので笑っちゃった^^

DSCN5790.jpg


チンパンジーの手形と比べて・・・

DSCN5780.jpg


ネズミちゃんと。可愛がり?ふれあいました。

DSCN5764.jpg


お楽しみのランチ。

早起きして頑張りました^^

DSCN5803.jpg


おやつタイム。

念願の初チロルチョコ♪ お味は・・・

DSCN5810.jpg


お友達からもらったカップゼリー。これも舐めたことはあるけど初めて食べました。

空き容器をかざして「まま~きれいねぇ~。」と見せてくれました。

DSCN5815.jpg


同級生からたくさんのおやつをもらいました。

頂いてその種類に驚きました。

我が家では虫歯予防と三食のご飯をもりもり食べてもらいたいから
おやつは、フルーツや無糖のヨーグルトが主です。

たまにソフトクリームや外食時のジュースはOKしています。

まぁ~果糖も良くないけれど・・・

合成着色料バリバリのゼリーやチョコレート、飴、ガムe.t.c

うまい棒を平気で食べている子供達にびっくり。
あんなにしょっぱいものを・・・

ふみろんは、ランチもフルーツもたらふく食べていたので
少しだけ食べさせて後は、しまいました。

ママさん達が、「ご飯をちっとも食べなくて困るんだよねぇ~」と口々に言っていたケド・・・

当然だ!親が悪い。

あんなにお菓子を食べなれていたらご飯なんて食べるはずがない。

与えすぎだ。
空腹状態になったら今よりは、量を食べられるはずだと言ってやりたい。(言えませんが・・・)


お弁当をちらっと覗いたら・・・

まぁ~冷凍食品や練り物製品の多いこと。。。

から揚げくらい作ってあげようよ~。

ママの手作りだったらもっと食べるかもしれない。

家庭事情はそれぞれなので言えませんが。。。


私だって料理は上手じゃないけど作っている。(美味しいか、まずいかは別として。)

から揚げをいっぱい揚げておいて冷凍保存をして
お弁当に入れているという専業主婦のママがいて「殆ど残してくる」と嘆いていました。

私からすれば・・・から揚げは朝揚げようよ。デス。美味しくないに決まってる。


今回の遠足で驚くことが沢山ありましたが・・・

子供達を大事に思う気持ちはみんな一緒なので
ママの笑顔がステキに見えた一日でした。

ふみろんが、勝手に別行動をしていなくなるのを想定していましたが
どうにか気の合うお友達と行動を供に出来たので良かったです^^(助かったぁ~)

移動をする時に担任が

「朝礼順に並んでぇ~」と言っていました。

背丈の順番ということでした。

ふみろんは・・・26人中4番目に背丈が高いことがわかりました。

1番:7月生まれ女児  2番:4月生まれ男児  3番:5月生まれ男児  4番:9月生まれ ふみろん。

ふみろんは、大きいのねぇ~。と実感!





**おまけ**

園長先生と話す機会がありました。

出張して不在以外は、ふみろんの相手をして下さっていると副担任から聞いていました。

ふみろんは、園長先生を見つけると走り寄って手を握って

「園長先生、鬼ごっこしようよ~」としきりにおねだりしました。

その様子からふみろんは、本当に良くしてもらっているんだとわかりました。

園長先生が涙が出そうになることをお話してくれました。

「ふみくんは、凄いのですよ。もしかしたら、いやきっと出来る子になりますよ。
お母さん、ふみくんは楽しみです。」と言葉を下さりました。

嬉しかった。

数多くの園児と接してきたベテランの教育者から言ってもらえたから尚のこと。

ふみろんの障害のことで悩みや不安は尽きないけれど
ちゃんと前進していることがわかって何よりも嬉しい。

大学病院の医師が・・・

得意分野でリーダーシップをとってみんなから信頼をうけるタイプもいる。
もしかしたら・・・

と言ってもらったことがありました。

ふみろんにとって社会は、これから生きずらいことが沢山あると思うのです。
その原因になることを自ら削除したり、軽減することは出来ないでしょう。

それならば・・・

医師や園長先生の言葉から。。。

ふみろんの得意分野をみつけだして極めればいい。

そしてリーダーにしてもらって居心地の良い環境をつくればいい。

とてつもなく壮大な考え方なんだけど。。。

そうなったら

papaも母も安心して逝けるでしょう。

3年の間で「すごく楽しみ」と言ってくれた方に数名出会いました。

この子が持っている力を引き出してあげたい。
方法は手探りだけど。


長い年月がかかっても見つけ出そうね。


母、頑張るからぁ~^^


スポンサーサイト
19 : 30 : 51 | 年少 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<嗄声。 | ホーム | デザインあ展の効果。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fumiron.blog.fc2.com/tb.php/552-4ddfb608
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |