アイスを食べるだけに。
2013 / 06 / 27 ( Thu )
3y9m9d

降園後にサンシャイン60に行きました。

なんで・・・

papaがグルーポンで勝手に購入した
アイスクリームとクレープのチケットの期限が30日だったからです。

そのお店は、サンシャインの中に入っています。

「安くて美味しそうだっし、ふみが喜びそうだったから。」と購入理由を聞いてしまったら

母の性格上、行くしかなくなります。

金額は高価ではないのでおじゃんにしても諦めがつくのですが・・・

ふみが喜びそうだったから。」がネックです。

papaがふみろんのことを想って購入したのだから
その気持ちを無駄にしたくないと思ってしまうのです。

高速料金、ガソリン代、労力をかけてまで行くことに疑問を大分感じますが・・・

母の自己満足だね。

ふみろんの笑顔はプライスレスだからいいことにしよう。

途中、ミニストップのソフトクリームで許してもらおうとしたけど
ふみろんに却下されて気持ちを奮い起こして行きましたとさっ。


有名らしい。
ブルーシールのソフトクリーム。地下だったので画像がイマイチ。
少ない乳脂肪分と低カロリーが売りで、沖縄発祥なんだって。

バニラ、紅イモ、マンゴーを食べました。
確かに、さっぱりしていて食べやすく甘さとコクが丁度良かったです。

ふみろん喜んでました♪

DSCN6227.jpg

せっかくだから・・・

サンシャインの水族館へgo!

リニューアルしてから初めて行きました。ふみろんは、お初。

CIMG0234.jpg


何処へ行っても非常口やスタッフルーム、トイレに興味があるふみろんだけど
少しだけサカナを見るようになったことは、成長かなっ。

一番、見入っていたエイ。

CIMG0238.jpg


殆ど素通り。何しに来たんだろう・・・

一番気に入っていたエリア。
水族館とは、無縁だ。
音と光で癒し効果があってランダムにお水がリズムとテンポよくピュっと出てきて
お水を捕まえようと気長に待ってました^^

CIMG0259.jpg


ここは、大都会の屋上。
都会のペンギンの活気のなさが心配でした。
狭いスペースの岩場で同じ方向を向いて微動足りもしない。

ただ、生かされていると感じられずにはいられなかった。

CIMG0264.jpg

私が、大学卒業後一人旅でメルボルンに行った時に
ペンギンを見に行こうツアーに参加しました。

大自然のペンギン達(種類にもよりますが)は、日中は海を自由に泳いで魚を捕まえたり
海原をプカプカ浮いたりして過ごして

夕方の同時刻に一斉に浜に上がってマイホーム(岩場)に帰宅します。

その数は白い浜が黒く染まるほどで圧巻でした。

足をペタペタして左右に体を揺らしながら
数が多いのでぶつからないように上手に並んで歩いてきました。(ペンギンパレード)

体は、漆黒のように艶やかで機敏な感じでした。

それに比べて。。。
大都会のペンギン達の生気のなさって・・・

捕獲されてしまい
ここにいることが不幸なこと。

飼われていれば、えさは保障されるし、天敵もいない。
だけど・・・
生きていながら死んでいる。としか思えなかった。

他の施設で力をいれている場所は、待遇が良いのに。。。

人間も同じだ。と思えた。

出来ることなら、自然に近い場所に移してあげて欲しい。

ペンギンの精神が破壊されているから。


リニューアルの目玉らしい。

アシカが泳いでいる様を下から見ようというもの。
残念ながらアシカが狭いスペースに折り重なっていて泳ごうともせず。。。

青空、星空、ライトアップでクリアな水槽はきれいに見えるでしょう。

でも、完全に人間主体の悲しいもの。

CIMG0263.jpg


リニューアル前の方が良かった。

大きな水槽で優雅に泳いでいたアマゾンのでっかいアロアナがステキだった。

今回、ふみろんに見せたいと思っていたのになくなっていました。

もう、行かない。


首都高は激混みで運転が辛かった。
みんな、無理やり入ってくるし怖い!

本当にヘトヘト。

頼むから・・・

遠い場所のチケットは購入しないで下さいっ。papaさん。

**おまけ**

田舎モノなのでお土産に靴下を購入しました。(駐車場料金の兼ね合いで)

グレー生地で赤のお顔は、ふみろんがチョイス!

ふみろんの靴下の汚れっぷりを気にして黒っぽいものにしちゃったぁ~^^

DSCN6229.jpg

てへっ♪

CIMG0253.jpg



スポンサーサイト
23 : 50 : 25 | お出かけ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<参観日:2。 | ホーム | おしりチェック。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fumiron.blog.fc2.com/tb.php/575-cbf18c58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |