スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
テニスのこと。
2016 / 03 / 06 ( Sun )
5歳から習うことが出来るテニス。

2014年10月(年中)から始めて1年5カ月になる。

無料体験を受けた時にやる気満々だったふみさんだったけど・・・・

たしか・・・
4、5回目くらいから受講拒否をした。

転がってきたボールを転がしたり(打っている人が危険な為、触ってはいけない。)

順番に打つのに順番を守れなかったり、座ってしまったり

ボール集めをさぼったり

練習中に私語をベラベラ

当然、コーチから毎度のこと注意をうけた。

年中~2年生クラスで
ふみさんは、年齢が一番小さかった。

注意を受けるたびに授業が、中断するので
あまり気にしないふみさんも
流石に言葉では伝えられない雰囲気を感じたのでしょう。

きわめつけにボールが当たらない。

テニスの時間が近くなると雲いきが怪しくなり、
移動中の車内でショボン。
フロントでレンタル靴を借りて履くまでは、OKだけど・・・

コートに入れず大粒の涙をボロボロと流す。
後ずさりするふみさんを無理やりコートに放り入れてコーチに託したけど
結局、すぐに私の元に走ってきて号泣!

正直、参った。

こんなにもイヤがっているならやめさせようかと心が動いた。
テニスが出来なくったって困らないし。。。

でも、

数回は、楽しんでいた。

テニスを習いたいと決めたのは、ふみさんだし

一番不安になったのは、

この先、

違う場面で努力もせずに泣いて辞めてしまう子になるのではないか?

何事にも興味を持てずチャレンジすらしない子になるのではないか?

恐怖だった。

辞めることならいつでも出来る。
自分でやると決めた以上、
こういう理由で辞めたいと言うまでは、続けさせようと心を鬼にした。

毎回、号泣するふみさんを連れて

コートに入れ→私の元に戻るを数回くりかえした。


コーチの許可を得て

打たなくてもいいからコート内のベンチに座って見学しようにしてみた。

そうしている内に
少しずつコートイン出来るようになった。

座っているだけでは退屈になってきて
みんなが楽しそうにしているのをみて楽しそうだと思えるようになってきた。

そんな時に・・・

お兄さん、お姉さんが、

「おいでよ。一緒に打とうよ。楽しいよ」とふみさんに声をかけてくれた。

ふみさんは、
やりたくなっていたんだけど不安がいっぱいだったのと
バツが悪くて授業を受けられなかったように思う。

そのきっかけを子供たちが作り全てを解決してくれた。

ふみさんは、かけてもらった言葉でみんなの所にスッと入っていった。

感動して声を殺して泣いてしまった。

こんな出来事もこの前のように思う。

そんなふみさん、

4月から2年生からクラスに進級することになった。

このテニススクールは、
年齢に関係なく出来次第でドンドン進級できるシステム。
そこが、私の狙いだった。

上達する為に努力を惜しまず、研究をしたりするだろうし、
全てがともなった時に達成感が生まれる。

伸び悩んだ時に解決法を考えるようになるだろう。

現在のふみさんは・・・

進級が決まったことで

喜びと自信に満ち溢れている。

そして。。。

ふみさんが、上級生にしてもらったように

入会したての小さな子に優しく色々と教えている。


あの時、諦めなくて本当に良かった。

サクラサク


201862.jpg



**おまけ**

帰宅したらテーブル上に・・・

papaにもらったカップみそ汁の蓋・・・・
チラシの切れ端に殴り書きのメモがテープでしっかりと貼り付けてあった。

201861.jpg


爆笑!

はい、安心してください!食べませんよっ。笑

漢字良く書けました。



にほんブログ村 子育てブログ 2009年4月~10年3月生まれの子へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
07 : 21 : 20 | 習い事 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。